人とかぶらないビジネスバッグ

一喜一憂している日々ですが、個店の先輩に貴重なアドバイスを頂き今後の方針を決めたところで、本日は山荘飯島調べで絶対にかぶらない、スーツに似合うビジネスバッグの紹介です。
登山用品店を謡ってますが、TPOに合わせたアドバイスもできちゃいます。
むしろ山に興味ない人こそ来てほしい山荘飯島です。

今は機能性重視でビジネスバッグにリュックを容認する会社も多く、街中でもたくさん見かけます。
私はビジネススーツを着て堅い営業をしていたこともあるので、その経験も踏まえた上で。
新入社員時代、スーツにモンベルのリュックを背負っていったら注意を受けたことは良い思い出。

今回紹介するのは、スイスのアウトドアブランド EXPED の CASCADE20 です。
その良さを順番にあげていきますので、どうぞ最後までお付き合いください。

①とにかく純粋にデザインがかっこいいこと
意外と無いシンプルでミニマルな四角い見た目。
黒だけど素材感によって真っ黒に見えないところも良いです。
スーツやジャケットとも相性良し。


②1気室かつ最大で13インチまで収納可能なPCスリーブ、メッシュポケット内蔵
PCやタブレットはもちろん付属機器も問題なく収まる最低限の機能がついているので便利です。
むしろこれだけあれば十分で、もし他に必要ならバッグインバッグで個別に分ける方がクールだと思います。
そんなわけでバッグインバッグになるスタッフバッグなどが山荘飯島には多数あるのですが、そこらへんは後日紹介できればと思います。
前面にポケットはあるものの、ほぼ単純な1気室の作りは登山ブランド的な発想のようにも感じますね。
様々なポケットがあると迷子になって結局使いこなせないことも多く、私の場合は忘れたころに変なものが奥の方から出てきたりするのでシンプルが良いです。


③ウエストベルトが外れる。
これ個人的に一番重要。
自転車に乗る人はついていた方が良いと思いますが、そうじゃない場合ビジネス用としてはあまりカッコ良くないなと感じます。アウトドア感が出ちゃうんですよね。
アウトドアブランドは当然背負い心地を優先するので意外と外れるのが少ないです。
ちなみにこのウエストベルトは細いので、つけてもアウトドア感がそこまで出ないところもまた良い。
登山用品屋なのにアウトドア感が出ない方がいいと言ってしまってますが、TPOに合わせた上で個性を出すことがファッションには大切だと考えます。

④20Lという絶妙な大きさ
個人的にはカジュアルな服の時はデカバッグを愛用してまして30L近いものをぶかぶかな感じで背負ってますが、ビジネスとなると別です。
取引先に行く時はでかいと邪魔だし、荷物多いねとお客様に指摘されちゃいます。なかなか恥ずかしいです。特に新規の得意先などに行くときは要注意。
そして荷物が多い人こそ逆におすすめです。
20Lは資料などを持っていくのに十分な量だし、パンパンに荷物をつめても四角い形なのできれいに収まり、恥ずかしさもありません。

⑤サイドアジャスターがついている。
荷物の大小に関わらず形が崩れることもなく、シュッとした佇まいになるのでスーツとの相性も抜群です。
20Lも必要ないと感じる人でもこれがあることで小さくまとまるので違和感なく背負うことができますよ。


⑥ビジネス用途では人と被らない。
山荘飯島調べだと絶対被らないと断言しちゃいましたが、ここは話半分で聞いて頂けると幸いです。被りにくいよてことですので。
登山ユーザーならEXPEDは優秀なブランドとして認知はありますが、ビジネスバッグとしては認知も少ないです。
山荘飯島でもEXPEDは他に大型ザックやマットなど幅広い商品を扱っており本格さは間違いなくあるので、それをビジネスバッグとして使用することがカッコいいと思います。
仕事上リュックNGだと難しいですが、当然普段使いも違和感なくできるので選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

山荘飯島では以上の点をあげますが、他にもこんな要素があります。
・登山用バックパックを作っているブランドなので、当然背負い心地やつくりは信頼できます。
・止水ファスナーあり、防水仕様 ← これは重要ですね。
・420Dオックスフォードナイロンを使用ししっかりとした素材感ですが、840gで軽量
・前面下部にライトが取り付け可能 自転車ユーザーにもおすすめ


長文になってしまいましたが、人と被らないけどきちんとした機能的なビジネスバッグを求めている方は、ぜひ山荘飯島まで。
店舗ではこのバッグに合わせるべきスタッフバッグ、パッキング方法をさらに紹介できますので。

EXPED CASCADE20
¥15,400(税込)
*クレジット決済による通販もできます。お気軽にお問合せください。
03-6762-6244
contact@sanso-iijima.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です