自画自賛している山荘飯島ロゴTシャツができました。

休みなく営業しているゴールデンウィークですが、めちゃくちゃ暇じゃないか山荘飯島・・・よくよく考えたら東京の登山用品店ならそうだよなと納得させながら、連休に期待し過ぎるなということを学んだ私のゴールデンウィークです。なのでバナナマンライブを見ながら店頭で過ごす日々でした。初見だったのだけど、普通に演劇みたいですね。残りのゴールデンはバナナマンを見終わるか、山荘飯島が忙しくなるか様子を見ながら過ごすことにしておきましょう。

でもそんなのんびり過ごしていた矢先に、ついに山荘飯島ロゴパーカーが完売しました。購入して頂いた皆様ありがとうございます!!そのパーカーの価値が高まるようにがんばります。

そんな本日はパーカー完売記念にこちらを紹介

山荘飯島ロゴTシャツ

パーカー、エプロンに続く第三弾 Tシャツも作ってしまいました。
実はこれゴールデンウィークに合わせて販売していて、ありがたいことにちょっと動いてます。

何故かというとこのTシャツ、色と雰囲気がめちゃくちゃ良いです。
自分で言うのもなんですがボディが想像以上に良すぎてワッペンをつけるか迷ったくらいに。でも付けてしまったので勘弁してくださいね。

そんなボディはどこのかと言うと、パーカーと同じアメリカのカットソーブランドLIFE WEARより7onzのボディをチョイスしました。

ちなみに山荘飯島パーカーの紹介ブログにLifewearの簡単な紹介とワッペンの詳しい説明があるので参考にこちらも読んでみてください。

うんちく抜きにやっぱりアメリカ製でしょ!て感じでボディは選んでます。縫製が良いとかドレス仕様とか、そんなことはうるせーと言ってやりましょう。でもね、パーカーもそうでしたが、Tシャツも同様に肉感はありつつ柔らかさもあるのでLife wearはおじさんにやさしいということは伝えておきます。

そして今回日本の代理店企画で後染めするとのことだったので、そこに便乗してボディを作ってもらうことにしたわけです。その色合いがどれも絶妙で良かったのですが、そんな中からさらにこの2色を選んだ山荘飯島はさすがでしょうと褒めてください。もちろんワッペンとの色合わせも考えながらのチョイスです。

ヴィンテージブラック 赤茶がかった独特な黒
バイオレット 綺麗な紫系の色合い

製品染めなので、これ以上縮まることはなく、はじめから洗いざらしの風合いで非常に着心地良い仕上がり。

しかも狙い通りだったのが、ステッチが染まらないところ。普通、後染めする場合は縫製糸も綿にして糸まで染め上がるようにします。でも今回は既成のボディを染め上げているので、縫製糸は強度のあるポリ糸を使用しているため染め上がらない。なのでステッチだけ白く残ってるのです。

これが狙い通りだったのでここも山荘飯島さすがでしょうなポイント。
実は他のメーカーのボディも選べたのですが、ちょうどポリ糸のステッチ箇所が袖口と裾まわりのみだったのがLife wearでした。ステッチを目立たせたいなと考え、若干不安はあったのですがオーダーすることにしたわけです。そのおかげで抜群の雰囲気に。

そしてそんなボディにオリジナルワッペンをつけてもらい、この山荘飯島ロゴTシャツが完成しました。

アメリカ製のボディを日本で染めて、世田谷の刺繍屋でワッペンを縫い付ける。なかなか贅沢な作りですよ。
でも刺繍屋までTシャツを担いで自転車で運んだり、細かいところをせせこましくも節約したのでなんとか5,000円以内におさめることができました。

細かいところは抜きにして、このTシャツはおもしろいかどうかの感覚で決めてもらえてもうれしいです!
自画自賛しているオリジナルTシャツをぜひ。


オンラインストアに掲載しましたので以下リンクより商品ページにアクセスできます。

https://sanso-iijima.stores.jp/items/6274e18b84ec6e0d94467da7 ←ヴィンテージブラック

https://sanso-iijima.stores.jp/items/62738d712772b9247812c5b1 ←バイオレット

¥4,950(税込み)S.M.L展開 ユニセックスで着用可能です。

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。